亀岡市教育研究所WEBサイト
   Kameoka-City Educational Research Center  
   運営  教職員研修  調査研究  教育相談  適応指導教室  学習活動支援
   連絡先・アクセス  教育情報の整備及び発信  施設・教育機器の活用  関連条例・規則・規約  おすすめ  TOP  
   
 基本方針
事業概要
 サイエンスフェスタ
サイエンスフェスタの様子
   (他のページへ)
サイエンスフェスタ解説書
   (他のページへ)
 サイエンスフレンズ学習クラブ
SFCの様子
   (他のページへ)
 サイエンスサポーター
 サイエンスボランティア
 サイエンス支援活動


基本方針

  亀岡市における生涯学習の推進という観点から、児童生徒や保護者の学校外における教育学習活動の支援、また、本市教育の振興に関し必要と考えられる事業を中心に行う。
 これまでの理数大好きモデル地域事業、地域型キャリア教育推進事業、理数系教員指導力向上研修等、地域指定型の理数教育充実事業に取り組んできた。 本研究所の事業成果を生かし、本年度もサイエンスフェスタを本事業の中核事業に位置づけ、そこから派生する地域ネットワークを効果的に活用しながら地元地域の学校や関係機関等と連携した事業を推進する。また、地域の自然環境や教育資産を積極的に事業に取り込み、児童生徒や保護者が亀岡の素晴らしさや身近にある自然科学の楽しさを、多様な体験を通して再発見する活動を支援していくこととする。

新型コロナウイルス感染症に関わる社会状況により、
事業の変更、延期又は中止となる場合があります。



事業概要

(1)地域ふれあいサイエンスフェスタ



ア ねらい

・子ども達の科学やものづくりに興味関心を高め「感動する心」を育てるために、健全育成の視点を基盤にしながら、身近な暮らしの中にある科学やものづくりの多種多様な実験や体験の場を提供する。

・子ども達が学校での学習を活かしながら、自らが関心のある内容についてより深く知りたいという「探究する心」を育てるために、地元企業や高等学校・大学・専門学校からのブースを設置する産官学共同事業に位置付け、最先端の科学技術や実際に関わる人とつながる「ホンモノ」体験の場を提供する。

・子ども達が地元亀岡の良さを再発見するために、地域密着型事業として展開し、地元企業が運営するブース開設や商工会議所や市文化資料館(令和元年度:亀岡と明智光秀)などの特設ブースを設置する。また、市の広報を利用するなど来場者を市民に広げると共に「市民ボランティア」を募集しブース開設の場を拡充する。

・市内小中義務教育学校への理数教育の振興のために、教職員が運営するブースやボランティアの募集や学校の学習に関わる外部講師派遣の窓口、またネットワーク作り支援など、本事業の成果を積極的に還元する。



イ 概要

・名称 地域ふれあいサイエンスフェスタ2020(Web開催)

・日程 令和2年11月28日(土)〜12月13日(日)

・メインテーマ「いろいろチャレンジ! たっぷり体験」

・学習活動支援事業の中心として位置付ける

 これまでのサイエンスフェスタの様子






(2)サイエンスフレンズ学習クラブ

令和2年度サイエンスフレンズ学習クラブ
(現在、会員募集中 〜12月14日(月))

 案内チラシ

 申込書(Word版)
 (ダウンロードして下記のアドレスまで送信してください)

 申込方法
  メール:2020sfclub@gmail.com
  電話 :0771−26−3916
  FAX :0771−26−7031

昨年までの様子




ア ねらいと特徴

子ども達が地元亀岡の豊かな自然環境や最先端の科学との関わりについて再発見するために、学校外 における学習活動を支援し探究的な活動を主体とした科学教室を実施する。


イ 概要

対象:理科を中心とした科学技術に関心の高い市内在住の
   小学校4年生から中学校3年生
   (義務教育学校4〜9年生)

実施規模:主に土曜日を中心とした年間3回程度

特徴:サイエンスフェスタ等で得られた人的ネットワークを活用した
   講師の要請など、積極的な高等学校、大学、各種機関との連携





(3)サイエンスサポーター・サイエンスボランティア

ア ねらい

理数教育に興味を持つ市内教職員をはじめ、市民にも広くボランティア協力を呼びかけることによって、サイエンスフェスタやサイエンスフレンズ学習クラブの内容の充実を図ると共に本市の教職員の豊かな人的資源の継承、また活動の中から生まれるボランティア相互のネットワークの広がりを目指すものとする。



イ 概要

サイエンスサポーター:
市内学校の教職員にボランティアを募集し、サイエンスフレンズ学習クラブやサイエンスフェスタの指導者として協力を呼びかける。

サイエンスボランティア:
サイエンスフェスタの指導者などを中心に、地元企業・団体・学生や市民等に広く募集する。また、学生や市民ボランティアには「ボランティア証明書」を発行する。





(4)サイエンス支援活動

ア ねらい

市内全体の理数教育の振興のために、様々な科学に関するネットワークや自然科学に関する教育資産をより多くの子ども達や保護者、市内教職員に提供する機会を設定する。


イ 概要

対象事業:学校の授業や教職員の研修会、また児童生徒を対象とする学校外の各種事業、子ども会行事など)

内容@:実験や学習活動の実施や支援・助言

内容A:学校と関係機関(企業・高校・大学)との連携支援





 
   
   
     
 
   
Copyright (C) 亀岡市教育研究所WEBサイト All Rights Reserved.
 design by. (C) WebDaisuki.com