学習活動支援(サイエンスフレンズ学習クラブ)

トップページ > 学習活動支援 > サイエンスフレンズ学習クラブの様子

令和元年度
サイエンスフレンズ学習クラブ

                          本年度の活動は終了しました。
                       また来年の参加をお待ちしております。


このクラブではみんなで集まって楽しみながら、
科学をより好きになってもらう活動を行っています。

前期は来年度から始まる
「プログラミング教育」をテーマに活動を行いました。
定員30名の所、
なんと55名の応募があり関心の高さがうかがえました。
講師の団体の協力により、
2回とも前半と後半に分けて全員が活動することができました。
団体の皆さま誠にありがとうございました。

後期は、亀岡市内の大学(京都先端科学大学)にて
クラブを行いました
(第2回は中止)
大学にある本物の実験機材を使わせていただき、
液状化現象や化石(地層)の活動、
音や光の実験を行いました。
同大学の学生の皆さんにもお手伝いいただきました。

来年も、皆さんにお会いできることを楽しみにしています。
                                令和2年3月 担当者より



 後期第1回
後期第1回
 2月8日(土)
9:30~11:30ごろ

京都先端科学大学 亀岡キャンパス
 
地球を科学しよう!
「地震」「化石(地層)」
○協 力  京都先端科学大学 教授 友松 勝之 様
              (参加した感想)
※後半には次回以降にやってみたい実験などを書いてもらいました。

◎地震の液状化実験で地震のこわさが分かりました。化石の発掘はとても楽しかったです。木の葉の他にもやってみたくなりました。

◎地震のことがわかったので今度は津波のことが知りたいです。

◎化石をほったり、工作をしたり、地震の実験、全部が面白かったです。化石をほるのはちゃんとほれるかドキドキしたけど、少し見えてきたときが楽しかったです。次回は水の表面張力を使った実験をしたいです。

◎地球のことについて色々学べて楽しかったです。化石を発掘することができてよかったしまたやりたいです。いつかロボットや小さいゲーム機を作りたいです。

◎地震はどうやって伝わるのか知らなかったし、知ることができて良かったです。化石はいっぱいとれたし、種もとれたのでよかったです。次は水は何からできているのか、空気は何から作られているかについてやってみたいです

◎テレビなどでしか見たことがなかったけれど、化石発掘ができてよかったです。実際に化石を発掘してその場所に行くことができたらいいなと思います。
   今回は京都先端科学大学にお邪魔して
大学の化科学実験室でクラブを行いました。

講師の友松教授と一緒に、
学生ボランティアの皆さんも
たくさん集まってくださいました。

  始めは、カラースプリングを使って
地震の縦波(P波)と横波(S波)の
揺れの大きさと速さの違いを実験しました。

次の液状化現象の実験は、
砂と水を家でも使っている保存容器に入れて
マッサージャーでゆらしました。
中に入れていたビー玉やおもちゃが
ムクムク出てきて驚きました。

 
3つ目の実験は建物に見立てた模型を作り、
「芯柱(芯柱)があるかどうかで、
揺れがどのように変わるかを調べました。
この仕組みは五重塔などでも
実際に使われているそうで、
昔の人の知恵にはびっくりしますね。


最後はお待ちかねの化石発掘体験でした。
ドライバーとハンマーを使って掘ると
化石になった
更新期時代の落ち葉が出てきました。
みんな夢中になって発掘していましたね。
(お土産の化石もいただきました)


次回2月29日も先端学大学にお邪魔します。
次回も楽しみです。
 
                                      ページトップへ



                                       前期第2回
前期第2回
 8月31日(土)
10:00~12:00
13:00~15:00

亀岡市交流会館2階実習室
 
プログラミングを
体験しよう!
○協 力  NPO法人 Creative Adventure 

                  (参加した感想)

◎僕は初めてIchigoJamをやってこういう作業が好きだからほしくなりました。

◎LEDの付け方をおぼえました。できなかったこともあったけれどできたこともあったから嬉しかったです。僕は一番、ゲームが楽しかったです。

◎キーボードなどをあまり使ったことがなかったので少し難しかったけれど、完成したときはとても嬉しかったです。特にゲームや点集めするのが好きでした。これからも楽しくプログラミングをやりたいです。

◎前回とちがって今回はキーボードだったので難しかったけれど、スタッフさんたちが教えてくれたので、ちょっとだけ慣れました。プログラミングはキーボードでもできることがすごいと思いました。またちがうゲームも作ってやりたいと思いました。


◎わたしはプログラミングでゲーム作りが楽しかったです。はじめは難しそうだったしどうやって作るのか不安でしたが、やってみると簡単だったしキャラもあることにびっくりしました。またプログラミングをやりたいです。


今回は向日市から講師をお招きしIchigoJamを使ったプログラミングを体験しました。
一人1台ずつ使わせてもらいました。
最初はキーボードで入力して
LEDを点滅させました。
講師の先生の話をよく聞いて、
みんな一生懸命にプログラミングを入力していました。

最後は自分たちでゲームまで作り上げることができました。
                                      ページトップへ


                                       前期第1回
前期第1回
 7月27日(土)
14:00~15:30
16:00~17:30

亀岡市交流会館2階実習室
 
プログラミングで
ロボットを動かそう!
○協 力  株式会社ダイセン電子工業(大阪市) 

                  (参加した感想)

◎机の上を進んでいくのがみんなと協力してすることができたので印象に残っています。初めてのプログラミングをして予想以上に楽しめたののでよかったです。

◎今日やってみて思ったことは一つ一つの少しずつの調整が大事だということです。でも少しずつ変えていくのが難しいなと思いました。楽しかったです。

◎楽しかった。自分でゲームをつくりたい。

◎時間や動き向きタイヤの力など、色々なものがあり楽しかったです。前、学校ではScratchをしていたのでScratchをしたいです。

◎プログラミングをして、ちょっとだけこれから英語をしっかりして、外国に行って色々な人と会話をしたくなりました。後期も楽しみにしています。

◎今日のプログラミングでもうちょっとでゴールの所でできなかったでれど、面白かったから良かったです。今度はドローン体験もしてほしいです。
 

    今回はダイセン作成のロボットとiPadを使って動かしました。
  2人ペアになって相談しながらプログラミングを作成していきます。 
  プログラミングができたら
いよいよコースを走らせます。

自分たちが思った通りに動いてくれたり、
動いてくれなかったり、、、

相談しながら時間いっぱい
活動することができました。
 
                                      ページトップへ

                                        
                                         後期第2回
後期第2回
 2月29日(土)
9:30~12:00ごろ

京都先端科学大学 亀岡キャンパス
 
「大気」「音」「光」の
不思議を調べよう!
○協 力  京都先端科学大学 教授 友松 勝之 様
(新型コロナウイルス感染症防止のため健康安全を考慮し中止)

しみにしていた会員の皆さま
準備をしていただいていた
先端科学大学の皆さま
今回はこのような結果に至りましたことを
心から申し訳なく思っております。

本年度のフレンズクラブは終了となりますが
また次回お会いできることを楽しみにしています。

     
                                      ページトップへ
design by. (C) WebDaisuki.com