詳徳中学校校歌

        作詞 西野文夫
        作曲 森卓


一、愛宕の峰の 輝きに
  希望は弾む 夢も湧く
  理想に燃えて はつらつと
  真実の道を 究めゆく
  我等の学び舎 詳徳中学校


二、保津の流れの 清しさを
  心にきざみ 和やかに
  友愛高め 創造の
  文化の花を 咲かせゆく
  我等の学び舎 詳徳中学校

三、若い力と 誠実で
  世代の使命 にないたつ
  誇りに満ちて 逞しく
  明日の礎 築きゆく
  我等の学び舎 詳徳中学校







トップページ 校長室より教育目標学校紹介部活動年間行事予定学校指定物品一覧 気象警報等の発令に伴う緊急措置
いじめ防止基本方針
  PTA活動
亀岡市中学校昼食予約 システム(外部リンク)平成26年度のページ
平成27年度のページ
平成28年度のページ

亀岡市立詳徳中学校

〒621-0821
京都府亀岡市篠町柏原 
中又7番地

TEL 0771-23-9393
FAX 0771-23-9379



ようこそ!詳徳中学校ホームページへ!!


生徒総会
 第3回生徒総会が、3月20日(火)の4校時に行われました。1、2年生だけで行う初めての生徒総会となりましたが、生徒会本部、専門委員長を中心に、クラス討議で出た意見についての質疑をしっかりと進めることができました。発言する人、聴く人ともしっかりとした態度で臨み、良い雰囲気の中で,後期の総括を行いました。



球技大会
 各学年の球技大会が、3年生は3月8日(木)、1年生は3月16日(金)、2年生では3月19日(月)にそれぞれ行われました。学年の最後を締めくくる、クラス対抗の行事で、男子はサッカー、女子はバスケットボールを行う予定でしたが、3年生と1年生は天候が悪く、男女ともバスケットボールを行いました。各クラス、1年間育んできたチームワークを発揮してがんばりました。



第32回卒業証書授与式
 3月13日(火)に第32回卒業証書授与式が行われました。当日は、天候にも恵まれ、多くの来賓、保護者の方々に参列し、祝福していただく中で、男子57名、女子54名、計111名が卒業しました。 本年度は、卒業生が、最後に「群青」を合唱し、フィナーレを飾って巣立っていきました。 
     



3年生を送る会
 3月9日(金)の3・4校時に、「3年生を送る会」が行われました。13日(火)の卒業式を前に、生徒会を中心に、3年生の卒業を祝う催しで、吹奏楽部の演奏に始まり、1・2年生のメッセージと合唱、生徒会本部による思い出深いスライドショーなど、この日のために取り組んできた成果を、心を込めて発表しました。そして、3年生によるお礼のメッセージと合唱、その後に、全校合唱、最後は、くす玉を割って、盛り上がったひとときでした。




意見発表会
 各学年の意見発表会が、2年生は2月21日(水)、1年生は2月23日(金)、3年生では2月28日(水)にそれぞれ行われました。全員が意見文を書き、自分の考えを相手に伝える力を伸ばそうというもので、各クラスでの発表会を経て、当日を迎えています。各クラスの代表が、「環境」などの社会問題から「部活動」や「友達」、「家族」など身近な問題まで様々なテーマについて発表し、どの学年も、すばらしい発表会になりました。



3年「命の学習」
 2月26日(月)の5・6校時に3年生で性に関する教育の授業として「命の学習」が行われました。篠町在住の助産師、岡本美由紀さんより、生命の誕生から始まって母体の中での赤ちゃんの成長や、出産の様子を分かりやすく説明していただき、一人ひとりがお互いを思いやる気持ちの大切さや、親になることの責任などについて学びました。



友情の5円玉キャンペーン
 2月17日(土)、亀岡市8中学校生徒会合同募金活動「友情の5円玉キャンペーン」が行われ、詳徳・東輝中学校は、11:00~12:00の間、マツモトうまほり店で募金活動を行いました。これは、先日の校内「五円玉キャンペー^ン」に続く募金活動で、本校からは、国際交流委員会の代表と生徒会本部が参加しました。当日は、多くの方々にご協力頂き、ありがとうございました。



知的好奇心をくすぐる体験授業(第3弾)
 2月14日(水)の4校時、1年生が、京都大学大学院の宮崎真一准教授から「デジタル立体地球儀を使った地震授業」を出前授業としてしていただきました。これは、京都府教育委員会の「子どもの知的好奇心をくすぐる体験授業」という事業で、1学期に2年生で、「匂いで探る生き物の世界」、2学期に3年生で、「宇宙生命を探せ!」という授業をしていただいたのに続く第3弾です。地震や津波の仕組み、東南海地震の予想など、子ども達は熱心に聴き入っていました。



校内「五円玉キャンペーン」
 2月5日(月)~7日(水)の3日間、校内で募金活動「5円玉キャンペーン」が行われました。 これは、NPO「国境なき子供たち」による各国の恵まれない子供たちへの支援活動に協力して、生徒会の国際交流委員会が毎年取り組んでいるものです。また、2月17日(土)には、8中学校合同での募金活動があり、詳徳中学校は東輝中学校と合同で、11:00~12:00の間、マツモトうまほり店で募金活動を行います。



3年租税教室
 2月1日(火)6校時、3年生111名が、「租税教室」として、税理士の平井明彦さんにお話しを聴きました。「税金って何?」という話から始まって、様々な税に関わる話をしていただき、税金についての理解を深めることができました。また、「消費税が10%になったら」とか「日本は北欧みたいな高福祉国家になれるか」などの事前に子ども達からでた質問にも答えていただき、興味深く学んだ1時間でした。



1年新春かるた大会
 1月31日(水)の5校時に1年生が新春かるた大会を行いました。「日本の古典文化に親しむ」「学年の交流を深め、まとまりを高める」ことを目的に、家で覚えたり、国語や総合的な学習の時間で練習をしたりして取り組んできました。今年のかるた大会は、インフルエンザの影響で当初予定していた1月19日(金)から2回に渡って延期され、ようやく待望の開催となりました。



公開授業・事後研究会
 1月30日(火)に、京都丹波の教育推進事業「主体的・対話的で深い学びを実現する研究指定校」に関わる公開授業・事後研究会を行いました。6校時に1年1組で数学科の少人数授業を公開、その後の研究会では、授業について意見を交流し研究を深めました。グループごとに自分達で作った立体模型を使って考え、話し合う子ども達の姿に、校内だけでなく、参加をしていただいた南丹地区の中学校、校下の小学校の先生方、南丹教育局や亀岡市教育委員会の指導主事の先生方も感心をされていました。



ボランティア年賀状
 今年も残すところ1ヶ月を切り、恒例となっている地域のお年寄りへの“ボランティア年賀状”作りが取り組まれました。全校生徒が年賀状を作成し、ボランティア委員が 集まった年賀状の宛名書きを行います。「暑中見舞い」に続く恒例の取組で、毎年、この年賀状を楽しみにされている地域のお年寄りもおられます。



2年人権学習講演会
 12月13日(水)の3・4校時に2年生が人権学習の取組として、講演会を開催しました。当日は、亀岡市在住の黒田雅夫氏を招き、「私たちの知らない8月15日~旧満州からの引き揚げ~」と題して、旧満州での戦中、戦後の生活や引き揚げの苦労などを話していただき、命の尊厳について考えることができました。この取組は、PTA人権委員会とも共催し、保護者の方も一緒に考えていただく機会となりました。



生徒会役員選挙&生徒総会
 11月10日(金)の6校時、生徒会本部役員選挙の立会演説会が体育館で行われました。その後、各教室で投票、即日開票の結果、新生徒会長の岡本颯くんを始め、副会長、議長、書記、会計と各学年委員が決まりました。また、それに先立つ6日(月)には、一斉専門委員会において、各専門委員会の新委員長が決定しており、 12月8日(金)の5・6校時に行われた第2回生徒総会で、いよいよ生徒会活動の中心が、3年生から2年生に引き継がれることになりました。生徒総会の後には、秋の新人大会等の伝達表彰も行われました。



知的好奇心をくすぐる体験授業(第2弾)
 12月7日(木)の4校時、3年生が「宇宙生命を探せ!」というタイトルで、大阪大学の松尾太郎助教に出前授業をしていただきました。これは、京都府教育委員会の「子どもの知的好奇心をくすぐる体験授業」という事業で、1学期に2年生で、「匂いで探る生き物の世界」という授業をしていただいたのに続く第2弾です。太陽系外の惑星の見つけ方や宇宙には地球のような惑星が数多くあるという話に、子ども達は、宇宙のロマンを感じながら聴き入り、授業後は松尾先生を囲んで質問をする生徒も見られました。 3学期には、1年生で第3弾を予定しています。



2年職場体験(勤労・福祉体験)学習
 11月15日(水)~17日(金)に、2年生104名が35の事業所に分かれて、職場体験学習を行いました。初日の15日(水)には、午後から各事業所に挨拶に行き、翌16日(木)から2日間の体験学習を行いました。たくさんの方々のお世話になり、色々なことを学び、自分の生き方を考える機会となる3日間でした。お世話になった事業所の皆様、ありがとうございました。




1年福祉体験学習
 1年生が、11月10日(金)、車椅子バスケットボールクラブ「京都アップス」の山本さんによる「福祉学習講演会」に続き、17日(金)に、「福祉体験学習」を行いました。当日は、障がいについての理解を深めること等をねらいとして、各クラスが1時間ごとにそれぞれ「車椅子」「アイマスク」「手話」の体験をしました。「車椅子」は社会福祉協議会の方、「手話」は、ボランティアグループ「四季の会」の方々から指導を受け、改めて、相手を思いやる心の大切さを学びました。




3年ビジネスマナー講座
 11月2日(木)の6校時、3年生の取組として、ビジネスマナー講座を開催しました。恒例となったこの行事は、京都府立すばる高等学校の高校生を講師として迎え、マナー、コミュニケーションの大切さや受験へ向けての心構え等を学びました。体験を踏まえた内容は、とてもわかりやすく、貴重な学びの場となりました。




平成30年度入学生 学校説明会
 10月31日(火)、来年度、詳徳中学校に入学予定の安詳、詳徳両小学校6年生とその保護者を対象に学校説明会を開催しました。当日は、担当の先生から「中学校についての説明」を聴き、その後に「体験授業」や「部活動見学」を行いました。また本年度も、保護者対象に「スマホ・携帯電話のトラブル防止について」学ぶ講習会を開きました。




進路説明会
 10月26日(木)の2~5校時、体育館で本年度2回目の進路説明会を開催しました。3年生と保護者に参加して頂き、高等学校8校(公立5校・私立3校)の校長先生や入試担当の先生方から「各校の特色」や、「入学試験」などについて話を聴きました。3年生は、いよいよ進路決定の時期を迎えます。




コスモス贈呈
 10月20日(金)に、生徒会本部の代表が、亀岡市役所を訪問し、桂川市長と田中教育長に、コスモスを「平和への想い」と一緒に贈りました。このコスモスは、去る7月に生徒会本部役員と詳徳小6年生、そして市役所の方が一緒に種蒔きをし、夏休み中も草引きなどの世話をしながら育ててきたものです。また、この週には、篠町自治会や地域の保育所、幼稚園、老人福祉施設などお世話になっている方々にも代表が花束を届けました。




職場体験講演会
 10月20日(金)の6校時、2年生の職場体験講演会が開かれました。これは、11月に実施予定の職場体験学習に向けて、働くことの意義や喜び、大変さについて話を聴き、仕事について考える機会となるようにと行われたものです。当日は、地域にお住まいで、学校評議員をお世話になっている木曽利廣氏に来ていただき、講演をいただきました。生徒の質問もあり、有意義な講演会となりました。



「花づくりコンクール」市長賞受賞
 10月6日(金)、ガレリアかめおかで「第24回花づくりコンクール」授賞式が行われ、本年度、本校は「市長賞」を受賞しました。生徒会本部と各部活の代表が植え、水やり当番を決めて育てた花々が見事に咲き誇り、中庭に彩りを添えています。(写真左・中 4月下旬、右 7月初旬の中庭の様子)



第32回文化祭
 10月5日(木)、第32回詳徳中学校文化祭が開催されました。ステージでは、あおば・わかば学級の太鼓、1年生のクラス合唱と学年合唱、2年生のクラス合唱と学年合唱、3年生のクラス劇と学年合唱が発表されました。吹奏楽部の演奏も披露され、最後は全校合唱で感動のフィナーレとなりました。また、美術部、工作部の作品や、美術の教科で制作した作品、家庭科や国語科の作品も展示され、多くの保護者の方々にも来て頂き、大成功のうちに終えることができました。




演劇鑑賞&演劇教室
 9月27日(水)に演劇鑑賞 と演劇教室が開催されました。これは、例年、文化祭に向けて、3年生のクラス劇の参考になるようにと実施しているものです。今年は、劇団め組による「ヴェニスの商人」を鑑賞し、その後、3年生のクラス代表がステージ上で演劇指導を受けました。10月5日(木)の文化祭が楽しみです。



デリバリー弁当試食会
 9月20日(水)~22日(金)の3日間、学年ごとにデリバリー弁当の試食会が行われました。その中で、20日(水)の1年生の試食会には、桂川市長、田中教育長ほか教育委員の皆さんも参加され、子ども達と一緒に弁当を味わいました。モデル校として指定された「選択制デリバリー弁当」は10月から本格実施です。



第32回体育祭
 9月9日(土)、秋晴れのもと、第32回詳徳中学校体育祭が開催されました。当日は、多くのご来賓、保護者、地域の方々に来ていただく中、子ども達は、赤、青、黄の3色に分かれて熱い戦いを繰り広げました。本年度は、競技の部は青ブロックの優勝、チーム詳徳賞は黄ブロックが獲得しました。また、大ムカデ競走では3年3組によって、32秒1の新記録が生まれました。保護者、地域の皆さま熱い応援をありがとうございました。



地域学校
 8月1日(火)の午前中、第43回地域学校が行われました。詳徳中学校区の盲学校、聾学校、支援学校、安詳小学校、詳徳小学校、そして詳徳中学校に通う仲間が集い、一緒に楽しい活動を行い、お互いを知り、大人になっても助け合えるようにと続いてきた取組で、PTAや地域の方々にも協力していただいて毎年開催されています。本年度は、安詳小学校を会場に、中学生が中心となって活躍してくれました。



コスモスガーデン
 7月14日(金)の午後1時から、平和への祈りを込めて、コスモスの種蒔きを行いました。小中連携の取組の一つとして、事前に生徒会本部役員が詳徳小学校を訪問し、「コスモスガーデンが始まったきっかけや想い」を説明し、それを受けて、小中学生が一緒になっての種蒔きです。本部役員、詳徳小6年生、そして市役所の方、参加したみんなが「平和への想い」を強く抱きながら、種蒔きを行いました。畑を貸してくださったり、耕してくださった地域の皆様、ありがとうございます。



ボランティア暑中見舞い
 1学期の終わりに、恒例となっている地域のお年寄りへの“ボランティア暑中見舞い”作りが取り組まれました。全校生徒が暑中見舞いを作成し、ボランティア委員が 集まった暑中見舞いの宛名書きを行います。毎年、この便りを楽しみにされている地域のお年寄りもおられます。



スマホ・ケータイ安全教室
 7月11日(火)の5校時、全校生徒が体育館で、NTTドコモの方を講師に迎え、「スマートフォンや携帯電話を安全に使うためのルールやマナー」、そして「スマートフォンや携帯電話の利用に関連した危険やトラブルを未然に防ぐための知識や心構え」について話を聴きました。ドラマ仕立ての話を交えながらの説明に、子ども達は熱心に聴いていました。



統計出前講座
 7月10日(月)5校時、2年生で「統計出前講座」を行いました。当日は、京都府政策企画部企画統計課から職員の方に来ていただき、企業や個人が合理的な意志決定をするために重要になっている統計や統計分析について、グラフの活用による効果やデータ分析の方法など、算数や数学で習ったことを使いながら学びました。また、「統計グラフコンクール」の作品パネルも併せて展示され、子ども達は感心して見ていました。



非行防止教室
 7月7日(金)の3校時、府警本部少年サポートセンター、亀岡警察署よりスクールサポーターの方々に来ていただき、学年ごとに非行防止教室を開催しました。夏休みを控えたこの時期に、万引きや喫煙などの犯罪行為について、また、携帯電話やスマートホンなどによるネット被害について話を聞き、犯罪を犯さない、犯罪に巻き込まれない決意を新たにしました。



救命救急法講習
 7月6日(木)2~4校時、3年生がクラスごとに「救命救急法講習」を行いました。公共施設などで見かけるAEDについて、その使い方や胸骨圧迫の行い方などを学び、もしもの時に備えようという趣旨で、保健体育の時間を使って実施しました。当日は、亀岡消防署東分署から消防士の方に来ていただき、養護の先生とともに指導にあたっていただきました。子ども達は、説明の後、心肺蘇生法についての実習を行いました。



知的好奇心をくすぐる体験授業
 7月4日(火)6校時、2年生が、「匂いで探る生き物の世界」というタイトルで、京都工芸繊維大学の秋野順治教授に出前授業をしていただきました。これは、「子どもの知的好奇心をくすぐる体験授業」という京都府教育委員会の事業で、昆虫同士あるいは昆虫と植物との間での化学物質(匂い)を介したコミュニケーションについて話を聴きました。子ども達は、普段とは違う話に興味を持って聴き入り、質問をしていました。



小中連絡会
 6月20日(火)に小中連絡会が行われ、本校1年生を小学校6年生の時に担当していた先生方(詳徳小・安詳小)に来ていただきました。6校時、あおば・わかば学級も含めて、授業参観の後、本校1年生担当の先生と小学校の先生による懇談会が行われ、その中では、この1学期の様子などについて説明、意見交換などを行いました。



薬物乱用防止教室
 6月16日(金)の5校時、2年生を対象に「薬物乱用防止教室」を行いました。当日は、学校薬剤師の藤本亮さんを講師に招き、薬物乱用の恐ろしさを、薬の専門家の立場から、詳しい解説を交えながら話をしていただきました。 



人権学習(国際理解)
 6月2日(金)と9日(金)の2日間、人権学習(国際理解)を行いました。韓国、台湾、モンゴル、マリから京都学園大学に留学している留学生を招き、それぞれの国の紹介を聴いたり、一緒に昼食をとったりして、学びながら交流を深めました。「急速にグローバル化する国際社会で生きていくための幅広い人権意識や国際感覚を育てること」などを目的とした取組として3年目を迎え、本年度も、学年毎に、全ての学年で実施しました。



進路説明会
 6月8日(木)の3~6校時、体育館で進路説明会を開催しました。3年生と3年生の保護者、そして1・2年生の保護者にも参加をして頂き、高等学校8校(公立3校・私立5校)の校長先生や入試担当の先生方から「各校の特色」や、「今大事にして欲しいこと」などについて話を聴きました。今年は、本校卒業生も進路説明会に来てくれ、後輩達へ在籍校をアピールするという場面もありました。3年生の皆さんに悔いのない進路選択をしてほしいと思います。



生徒総会
 6月7日(水)の5校時に、第1回生徒総会が開かれました。本年度のスローガンとして、
   「Blow a new wind ~詳徳に新たな校風を~」
を採択、生徒会本部、各学年、各専門委員会の活動方針等を討議し、本年度の生徒会活動が本格的にスタートしました。
 また、当日は、体育系部活動の亀岡市春季大会等の表彰、そして、夏季大会の先陣を切って17日(土)に行われる口丹波陸上大会の壮行会も併せて行われまいした。



春の花いっぱい運動
 5月26日(金)、中間テスト最終日の午後、恒例の花いっぱい運動が行われました。生徒会本部を中心に各部活動の代表が、プランターにマリーゴールドなどの花の苗を植えました。今年も、ボランティアで川田さんが手伝ってくださり、手際よく植えることができ、本校校舎の特徴である中庭に、夏の花々が咲き誇る日が今から楽しみです。花を育てることで思いやりの心を持ち、花がいっぱいになった中庭を見て心がなごむ、そのような学校を目指しています。



避難訓練
 5月26日(金)の中間テストが終わった後の3校時に、避難訓練を実施しました。訓練は、地震発生の後、給湯室から火災が発生したという想定で実施し、全校生徒が整然とグランドに避難することができました。今年も、亀岡消防署東分署の消防士さんに来ていただき、避難の様子などについて指導していただきました。



1年校外学習
 5月18日(木)に、1年生の校外学習がありました。今年は例年と異なり、京都市北区にある大森リゾートキャンプ場での実施となりましたが、好天に恵まれ、飯ごう炊さんで、カレーライスを作り、その後、ウォークラリーを楽しみました。
 薪割りからスタートし、班員と協力してつくったカレーライスに、みんなでわいわいと舌鼓を打ったり、一緒にウォークラリーに取り組んだりする中で、友達の普段気づかないよい面をたくさん知ることができ、親睦を深められた一日でした。



2年校外学習
 5月18日(木)に、2年生が神戸へ校外学習に行きました。
 馬堀駅からJRを乗り継いで三ノ宮駅へ。神戸市役所東遊園地でボランティアグループの方から震災についての話を聞いた後、班別に南京町中華街で昼食をとりました。その後、神戸港メリケンパークで、震災メモリアルパークや海洋博物館、ポートタワーなどをを班別に見学しました。天候にも恵まれ、全員がテキパキ動くことができ、予定が早めに進むなど、来年の修学旅行に向けて、よい取組になりました。



3年修学旅行
 5月17日(水)~19日(金)、3年生が2泊3日で、東京方面への修学旅行へ行きました。
 1日目はTDLで時間一杯過ごしてホテルへ。
 2日目は国会議事堂を見学した後、班別研修、東京ドームに集合して野球観戦。特に、ホテルから国会議事堂までラッシュの地下鉄を利用したことは、緊張しましたが、よい経験でした。また、今年の班別研修では、キャリア教育の一貫で、「必ず大学を訪問すること」という条件があり、東大や青学などを班ごとに訪れました。
 3日目は、スカイツリーを見学した後、買い物タイム。そして、月島に移動して、もんじゃ焼きの昼食をとった後、名残を惜しみつつ京都へ帰ってきました。
 たくさん思い出を作り修学旅行を終えました。



新入生歓迎会
 新入生歓迎会が、4月17日(月)の5・6校時に行われました。吹奏楽部の歓迎の演奏から始まり、生徒会本部や専門委員会の活動の紹介、各部活動の紹介、そして最後に、新入生代表のお礼の言葉と学年合唱がありました。90名の新入生に早く詳徳中学校に慣れて貰えるように工夫を凝らした温かい雰囲気の歓迎会となりました。



第32回入学式
 4月11日(火)に第32回入学式が行われました。当日は、多くの来賓、保護者の方々に参列し、祝福していただく中で、男子54名、女子36名、計90名の入学生を詳徳中学校に迎えました。いよいよ全校生徒305名が揃って、平成29年度のスタートです。




平成29年度のページ

平成29年度がスタートしました。