条例・規則・規程

トップページ > 条例・規則・規程

亀岡市教育研究所条例 (平成9年3月31日亀岡市条例第3号)

(設置)

第1条  亀岡市の生涯学習の基盤を培う教育の振興等を図るため、亀岡市教育研究所(以下「研究所」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条  研究所の名称及び位置は、次のとおりとする。
   名称  亀岡市教育研究所
   位置  亀岡市宮前町神前長野15番地

(事業)

第3条  研究所は、次の事業を行う。
   (1) 教育関係職員の研修に関すること。
   (2) 教育に関する専門的、技術的事項の調査及び研究に関すること。
   (3) 教育相談に関すること。
   (4) 教育情報の整備及び活用に関すること。
   (5) 前各号に揚げるもののほか、教育の振興に関し必要な事業。

(職員)

第4条  研究所に所長その他必要な職員を置く。

(委任)

第5条  この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会が定める。

附 則
この条例は、平成9年4月1日から施行する。

ページトップへ

亀岡市教育研究所条例施行規則(平成9年3月31日亀岡市教育委員会規則第4号・改正平成14年亀岡市教育委員会規則第9号)

(趣旨)

第1条 この規則は、亀岡市教育研究所条例(平成9年亀岡市条例第3号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(休所日)

第2条 研究所の休所日は、次のとおりとする。ただし、教育長が必要があると認めるときは、臨時に開所し、又は休所することができる。
   (1) 日曜日及び土曜日
   (2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日
   (3) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前号に揚げる休日を除く。)

(企画運営委員会)

第3条 研究所は、事業の円滑な運営を図るため、亀岡市教育研究所企画運営委員会(以下「企画運営委員会」という。)を置くことができる。

(職員)

第4条 研究所に条例第4条に規定する所長のほか、副所長、主幹、指導主事、研究主事、教育相談員及びその他の職員を置くことができる。
 所長は、上司の命を受け、研究所に属する事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。
 副所長は、所長の命を受け、所属職員を指揮監督し、所長に事故があるときは、その職務を代理する。
 主幹は、上司の命を受け、所属職員を指揮監督し、所長及び副所長に事故があるときは、その職務を代理する。
 指導主事及び研究主事は、上司の命を受け、教育に関する専門的、技術的事項の指導及び研究を行う。
 教育相談員は、上司の命を受け、教育相談業務に従事する。
 その他の職員は、上司の命を受け、所掌の事務に従事する。

(分掌事務)

第5条 研究所の分掌する事務は、次のとおりとする。
   (1) 条例第3条に規定する事業の企画及び運営に関すること。
   (2) 企画運営委員会に関すること。
   (3) 研究所の研究員による調査研究その他の活動に関すること。
   (4) 教育情報の提供に関すること。
   (5) 文書の収受及び発送に関すること。
   (6) 公印の管理に関すること。
   (7) 研究所の庶務に関すること。
   (8) 前各号に定めるもののほか、研究所の管理運営に必要なこと。

(研究員制度)

第6条 研究所は、学校その他の教育機関等に対し、研究員を委嘱することができる。
 研究員は、設定する研究部門についての教育内容及び教育方法等に関する調査研究を行う。
 研究所は、研究部門ごとに、必要な支援を行うことができる。

(自主研究グループ)

第7条 研究所は、校長等の推薦を受けた教育関係職員の自主的な研究グループに対し、研究の場所及び教育情報の提供等を行うことができる。

(使用の制限)

第8条 研究所は、次の各号の一に該当すると認めるときは、研究所の使用を制限することができる。
   (1) 公教育の推進を妨げるおそれがあると認めるとき。
   (2) 研究所の事業の遂行に支障があると認めるとき。
   (3) 管理上支障があると認めるとき。
   (4) その他教育委員会が適当でないと認めるとき。

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか、研究所の管理運営について必要な事項は、教育長が定める。

附 則

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成14年亀岡市教育委員会規則第9号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年亀岡市教育委員会規則第1号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

ページトップへ

亀岡市教育研究所企画運営委員会規程(平成9年5月30日亀岡市教育委員会教育長訓令第5号・改正平成11年5月24日教育委員会教育長訓令第3号)

(趣旨)

第1条 この規程は、亀岡市教育研究所条例施行規則(平成9年亀岡市教育委員会規則第4号)第3条の規定に基づき設置する亀岡市教育研究所企画運営委員会(以下「企画運営委員会」という。)に関し、必要な事項を定めるものとする。

(所掌事項)

第2条企画運営委員会は、次に揚げる事項を審議する。
   (1) 運営方針に関する事項
   (2) 重要な事業計画に関する事項
   (3) その他必要な事項

(組織)

第3条 企画運営委員会は、委員20人以内で組織する。
 委員は、次に掲げる者のうちから教育長が委嘱又は任命する。
   (1) 教育委員会が所管する学校の校長及び教職員
   (2) 教育委員会事務局の職員
   (3) その他教育長が必要と認める者
 委員の任期は1年とし、再任を妨げない。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。(平成11年教育委員会教育長訓令第3号・一部改正)

第4条 企画運営委員会に委員長及び副委員長を置き、委員の互選により選出し、その任期は、委員の任期による。
 委員長は、企画運営委員会の会議を招集し、会務を総理する。
 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、その職務を代理する。

(事務局)

第5条 企画運営委員会の事務局は、亀岡市教育研究所に置く。

(委任)

第6条 この規定に定めるもののほか、企画運営委員会の運営に関し必要な事項は、会議に諮って委員長が定める。

附 則
 @この訓令は、平成9年5月30日から施行する。
 A第3条第3項の規程にかかわらず、平成9年度の委員の任期は平成10年3月31日までとする。

附 則 (平成11年亀岡市教育委員会教育長訓令第3号)
 この訓令は、平成11年5月24日から施行する。

ページトップへ

design by. (C) WebDaisuki.com